2009/10/10 林道井川雨畑線・途中まで(その1)

走行距離 : 約65 km
自転車 : ロードレーサー(LOOK KG461)


地図



※Google Maps はコチラ
※トラック・ログはコチラ


その2へ


今回は南アルプス近くをツーリングする事に決め、その中でも、距離が長い井川雨畑線
走ることにした。
いつも通り、スタート地点に便利な道の駅を探すと、「富士川ふるさと工芸館」があったので、
その場所を起点に井川雨畑線で山伏峠を越えて井川湖と安倍峠経由で戻ってくるコースとした。

車に自転車を積み、自宅を4:30頃に出発。
中央高速で笹子峠を越えた辺りから雨が本降りに。
この3連休の土曜日の天気予報は晴れ|曇りであるが、朝の天気が非常に不安定の様。
南アルプスの天気が少し心配になってきたが、そのまま目的地に向かい、6:50分頃に
道の駅「富士川ふるさと工芸館」に到着。
雨は降っていないが、路面がウェット。(先ほどまで降り続いていたと思われる。)


気温が12℃で、辺り一面雲に覆い隠されている。。。
非常に天気が微妙になってきたので、インターネットでアメダスを調べると、
特に降っていない様し、天気予報は相変わらず晴れ|曇りなので、走ることに
決定。
(これぞサイバーサイクリスト!)


早速、車から自転車を下ろし、7:20分頃にスタート。


雨は降っていないが、雲が低い位置まで降りている。


雨畑の方へ左折する。(7:49)


通行止めの看板。
本日は10月10日なので、既に期間は過ぎているので、大丈夫そうだ。

所々で崖崩れが起こった箇所が見られる。
目の前で崖崩れが起こったら、諦めるしかない。


雨畑湖を通過。(8:00)


この手前に分岐があるが、案内版の通り道なりに左に曲がり(山伏峠方面)、
馬場の停留所前を通過する。


路面はスタート地点からずっとウェットであるが、現在雨は降っていない。


工事現場で5分くらい停止させられる。


その作業の様子。
とてもマネできまへん。。。


この様に工事現場の箇所が幾つか有り、それほどに崩れが起きている険しい林道である。


その2へ